> >

新宿デリヘル無料官能小説

「デリヘルでは出来ないこと、しよっか」:ラブラブセックス―デリヘルでは出来ないこと

「デリヘルでは出来ないこと、しよっか」

幹夫は熱い息を吐き、彼女の隣に横たわって、その薄い唇を吸う。
暖かな幸せの波が、心の奥から湧き上がってきた。

この場所にいていいのだという安心感が、幹夫の身体から力を奪う。
幸恵の口腔は相変わらず苦い煙草の味がした。

だが、心にもたらされた安息が、その苦味さえ甘みに変える。
彼女のものなのであれば、苦味であれ、甘みであれ、全てが愛おしかった。
全てが彼女のもの。全てが幹夫にとって愛おしい。

「んんっ……」
「幸恵」

耳元で名前を囁いてから舌を絡ませ、お互いの唾液を交換する。
じゅるじゅると、いやらしい音が狭い部屋の中に満ちていく。
感じているのか、幸恵は肩をこわばらせて、息を絶えさせながら小さく喘いだ。

過去何人の男が、デリヘルの客として幸恵を抱いたのかはわからない。
だが、夫として、幸恵自身を愛する者として、彼女を抱いたのは、幹夫だけだ。

それを確認するために、指先を彼女の秘部へとあてがうと、すでに粘液が洪水を起こしていた。
甘いキスを続けたまま、中指でその入り口をさする。
幸恵が懇願するような声を喉の奥であげ、腰をくねらせた。
彼女の、細い五指が幹夫のペニスを掴む。
幹夫のそれは、まるで童貞の若輩者のようにガチガチに勃起し、我慢汁を垂らしていた。

幸恵が裏筋に指を這わせ、上下にピストンさせると、それは更に硬度を増す。
男を悦ばせる手つきは、まさに一級品の風俗女だった。もしかしたらフードルの才能があるのかもしれない。
ペニスを走る血管が太くなり、直槍の如き硬度を帯びる。

出したい、出したい。
ペニスが咆哮をあげているようだった。

「ごめん、幸恵」
「どうしたの」

幹夫が口を離して手を止めると、幸恵が長い睫毛をしばたたかせながら首をかしげる。

「もう、我慢できない。いいか?」
幸恵は、すぐにその言葉の意味を理解したのか、はにかみながらぱっと頬を染める。
そして、遠慮気味に頷くと、口の端を吊り上げながら、誰にも聞こえないような小さな声で、言った。

いいよ。デリヘルのサービスじゃ出来ないこと、しよっか

新宿デリヘル無料官能小説

ラブラブセックス―デリヘルでは出来ないこと―

仰向けになり、大きく股を広げる幸恵。
秘密の密林はすでに雨季へと入り、シーツには黒い水溜りが出来ていた。
その黒い葉に覆われた森の奥には、秘密の花が口を広げているのだろう。

雄を惑わせる香りは、離れていてもなお鼻腔を刺激し、幹夫の心をより昂ぶらせる。
少し前まではクンニのでもしようと思っていたが、彼女の匂いを嗅いでしまうと、そんな余裕は消えうせていた。
蜜に集う蜜蜂のように。或いは、食虫植物に誘われる犠牲者のように。
幹夫の、失われかけた雄としての本能が幸恵を強く求めていた。

「きて? 幹夫……」

もはや辛抱たまらないといった様子で、声を震わせながら、女性器を押し広げて目を潤ませる幸恵。
かつて新宿の夜景に例えたその瞳が称えた淫靡な光は、男を誘う風俗街のネオンのようだった。
その、痩せた腰を掴む。身体に汗が滲んでいた。幹夫の身体からも、温い汗が伝っている。
彼女も強く興奮しているのだろう。深い呼吸をして、新宿の光を揺らしながら、幹夫のそれに強い視線を向けている。
幹夫は、ふぅ、と息を吐くと、彼女の押し広げられた赤い花弁を押しのけて、その中へと一気に挿入した。

浮気調査が原因で別れたとき依頼のセックス。
時間にして、おおよそ1年。
それほど長い時間があっても、幸恵の膣内は変わっていなかった。

吸い付くような媚肉に、奥へ行くに従って、幹夫の弱い場所を磨き上げるひだ。
まるで幹夫専用の肉穴である。それらを形作る筋肉の一つ一つが、動かすたびに悦んでいるのがわかった。

「いぃっ――! みきお、すき……」
幸恵が甲高い声で、目を閉じながら喘ぐ。

素人の腰振りであっても、彼女を感じさせていることに優越感を覚えた。
肌と肌、肉と肉がぶつかり、小気味よい音の協奏曲を奏でる。
幹夫は歯を食いしばって、血管に力を込めた。
また、熱く滾るマグマが昇ってきている。
彼女を孕ませろ、彼女を感じさせろ。
彼女を――俺のものにしろ。
幹夫の、雄としての本能がわめきたてていた。

しかしそれは雑音だ。力を込めねば、すぐにでもこの幸せが終わってしまいそうだった。
復縁屋に行って、金を払ってまで自分との関係を取り戻したかった幸恵。
別れさせ屋に行って、金を払ってまで自分を独占したいと思った幸恵。
それを思うと、どうしようもなく愛おしくなる。

「みきおすきっ幹夫すきっ幹夫ぉっ! きてっ、中出しきて! 幹夫っ!」
狂乱したように自分の名前を呼ぶ幸恵。
返事の代わりにピストン運動を激しくしてやると、幸恵は折れそうなほど背筋を仰け反らせた。
そして、彼女は喉の奥、腹の底から搾り出すような、獣じみた声をあげる。
膣が、幹夫のペニスを締め上げる。きゅうきゅうと収縮して、精子を搾り取ろうと蠕動した。
イッているのがわかったが、そこで止めはせず、更に激しく腰を振る。
足の指を伸ばしたまま痙攣を繰り返し、幸恵の女性器から、透明で塩気のある雨が降り注いだ。
潮吹きだ。
まるで鯨のようだ、と苦笑をしながら、幹夫は更に腰を振る。
ほとんど間をおかず、精巣の奥から熱い白濁液が迸った。

ああ、幸せだ。

独特の疲れと、虚脱感に身を任せながら、幹夫は心からそう思うのだった。